トピックス

岡山県、まん延防止の対象に岡山・倉敷など17市町

2021/9/10 22:27

まん延防止等重点措置の内容について説明する伊原木知事

 新型コロナウイルスに対応する、まん延防止等重点措置の適用が決まった岡山県は10日、対策本部会議を開き、13〜30日の対策を発表した。措置区域を計17市町に広げた。岡山、倉敷市に津山、笠岡、井原、浅口市、矢掛町など県北、県西部など15市町を加えた。

 区域は、岡山、倉敷、津山、玉野、笠岡、井原、総社、備前、赤磐、真庭、浅口市、早島、矢掛、勝央、奈義、久米南、美咲町。

 区域内の措置は宣言中の内容と同じ。引き続き、酒提供の停止、床面積が千平方メートルを超す大規模施設への午前5時〜午後8時の営業時間短縮などを要請する。措置区域以外の10市町村については、午後7時までの酒提供を可能とした。

 県はまた、引き続き県施設の原則休止・休館とすると決めた。県主催のイベントについても続けて中止・延期とした。伊原木隆太知事は会議後、記者団に「宣言の延長とあまり変わらない内容となった。皆が頑張って協力することで早く通常の状態に戻れる」と県民に行動抑制を求めた。(中島大) 


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧