• トップ >
  • >
  • 厚労省「因果関係は評価不能」 回収対象のワクチン接種後に死亡 広島県南部の男性ら

トピックス

厚労省「因果関係は評価不能」 回収対象のワクチン接種後に死亡 広島県南部の男性ら

2021/9/10 23:09

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの瓶

 米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの異物混入問題で、厚生労働省は10日、回収対象となったロットのワクチン接種後に亡くなった広島県南部の会社員男性(30)たち3人について、いずれも「接種との因果関係は評価できない」とする現時点での専門家の評価を公表した。

ワクチン接種後死亡の男性、解熱後に急変 父親「まさか息子が」 使用保留のロット 広島

 3人が接種した製品は、異物が見つかったロットとは異なるが、同じ時期に同じラインで製造されていた。会社員男性は8月22日、県内の職域接種会場で2回目の接種を受けた後に発熱。同25日に自宅で死亡しているのが確認された。基礎疾患やアレルギー歴はなかった。父親(63)によると、司法解剖の結果は「死因不詳」だったという。
(ここまで 329文字/記事全文 609文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事