地域ニュース

点訳・音訳ボランティアが不足 周南のNPO、10月から講習会

2021/9/13 13:59
点訳作業をする広末館長

点訳作業をする広末館長

 周南市速玉町の市徳山社会福祉センターを拠点に活動するNPO法人周南視覚障害者図書館は、発足から半世紀が過ぎた。県東部で唯一、視覚障害者向けの点訳や音訳、図書の貸し出しを担う。ただ会員は全員ボランティアで全盛期の6割に減り、高齢化も進む。活動を続けるため、若者を含め多くの参加者を募っている。
(ここまで 146文字/記事全文 644文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧