• トップ >
  • >
  • 11回対応の注射器で1回分を廃棄 広島県大規模ワクチン接種会場、医療関係者から改善求める声も

トピックス

11回対応の注射器で1回分を廃棄 広島県大規模ワクチン接種会場、医療関係者から改善求める声も

2021/9/13 22:59

広島県庁

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、広島市中区にある広島県の大規模会場では米モデルナ製の1瓶で11回打てる効率の良い注射器を使っているにもかかわらず、10回の接種にとどめていることが13日、分かった。県は、政府から届く注射器が効率の良いタイプか10回対応の一般型か、事前に分からないのを理由に挙げる。残る1回分は廃棄しており、医療関係者から改善を求める声が出ている。

【速報】広島県、ワクチン1回分を捨てる運用撤回

 効率の良い注射器は針を付ける先端部分に液が残りにくい構造。県によると、中区の天満屋八丁堀ビルにある広島会場では今月上旬に2回に分けて、1万7500本が届いた。1回目の接種は3日に始めたが、1瓶の接種回数は10回との運用を変えていない。
(ここまで 325文字/記事全文 864文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事