地域ニュース

地元一変「困った人の力に」 安芸高田、記録的大雨1カ月

2021/9/14 14:00
ボランティアで民家の裏に堆積した土砂の撤去作業をする狩野さん(手前)

ボランティアで民家の裏に堆積した土砂の撤去作業をする狩野さん(手前)

 安芸高田市を襲った8月の記録的な大雨を受け、吉田高3年狩野裕大さん(17)=吉田町吉田=が毎週日曜日、土砂撤去のボランティア活動を続けている。まちの風景が一変した災害から13日で1カ月。日常が戻りつつある中、まだ支援が必要な人は少なくない。命の危険と紙一重の現場を肌身で感じ「困っている人の力になりたい」と、大粒の汗を拭う。
(ここまで 163文字/記事全文 900文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧