• トップ >
  • トピックス >
  • 原爆ドーム近くで鎮魂の薪能 喜多流大島家など出演 11月開催へCF募る

トピックス

原爆ドーム近くで鎮魂の薪能 喜多流大島家など出演 11月開催へCF募る

2021/9/15 7:58

「高砂」の一場面(喜多流大島能楽堂提供)

 今年11月に広島市中区の原爆ドーム隣接地で上演される「爆心地鎮魂薪能」。実行委員会は能舞台の設営費などに充てるため、30日までクラウドファンディング(CF)で資金を募っている。

 開催は11月15日午後6時からを予定。原爆ドームの南側に能舞台を設置し、喜多流大島家を中心とした能楽師が出演。能を代表する演目「高砂」と「羽衣」を舞う。当日はインターネットでライブ配信する。

 支援者にはホームページに名前を掲載するなどの特典がある。企画者の田辺雅章さん(83)は「薪能を通して広島に根差してきた能文化を知ってもらい、世界に発信するきっかけにしたい」と話している。

 実行委事務局TEL090(5708)0873。CFのURLはこちら。
(里田明美)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧