• トップ >
  • トピックス >
  • 北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射、排他的経済水域内と推定 当初は水域外と発表

トピックス

北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射、排他的経済水域内と推定 当初は水域外と発表

2021/9/15 17:57

北朝鮮建国73年の記念日を迎え、平壌の金日成広場に登場した巨大な国旗=9日未明(朝鮮中央通信=共同)

 岸信夫防衛相は15日、北朝鮮の短距離弾道ミサイルが日本の排他的経済水域(EEZ)の内側に落下したと推定されるとの分析結果を防衛省で記者団に明らかにした。日本政府は当初、EEZ外に落下したとみられると発表していた。

    ◇

 菅義偉首相は15日、官邸で記者団に「北朝鮮が弾道ミサイルと判断されるものを発射した」と明らかにした。日本の領域には到達せず、排他的経済水域(EEZ)の外に落下したとみられる。北朝鮮の弾道ミサイル発射は3月25日以来で約6カ月ぶり。韓国軍合同参謀本部によると、15日午後に中部の内陸地域から日本海に向けて2発を発射した。

 首相は記者団に「わが国と地域の平和と安全を脅かすものであり、言語道断だ」と批判。「国連安全保障理事会決議に違反しており、厳重に抗議するとともに強く非難する」とした上で、米韓両国と緊密に連携する考えを表明した。



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧