地域ニュース

生活安全課の警官、17歳女子高校生に淫行疑い 広島県警が逮捕

2021/9/15 17:42
広島県警本部が入る県庁東館

広島県警本部が入る県庁東館

 広島県警は15日、広島市東区、広島東署の巡査部長の男(28)を県青少年健全育成条例違反(淫行)の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、同署生活安全課員だった昨年12月4日から5日までの間、自宅で、県内の女子高校生=当時(17)=が18歳未満と知りながら、いかがわしい行為をした疑い。「18歳だと思っていた」と否認しているという。

 県警監察官室によると、8月中旬に同署へ匿名の情報提供があり、容疑が浮上した。2人は昨年11月下旬に市内の飲食店で知り合ったという。瀬良芳紀首席監察官は「警察官としてあるまじき行為。県民の皆さまに深くおわび申し上げる。捜査結果を踏まえ、厳正に処分する」とのコメントを出した。

【関連記事】

教え子に強制性交未遂疑い、兵庫 元教師の68歳男逮捕

カープ観戦チケットで詐欺容疑 広島国税局の職員逮捕

広島県警が巡査長を懲戒免、覚醒剤譲り受け使用認定 地検は不起訴

SNS闇バイト 「検索」の先…「普通の学生」が犯行加担

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧