• トップ >
  • >
  • 【詳報】広島県内で107人感染、30代1人死亡後判明 15日新型コロナ

トピックス

【詳報】広島県内で107人感染、30代1人死亡後判明 15日新型コロナ

2021/9/15 20:15

広島県庁

 広島県内で15日、107人の新型コロナウイルス感染が発表された。このうち福山市の30代の1人は、亡くなった後に感染が判明したと市が公表し、死者の累計は191人となった。

【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

 感染者の公表が1日当たりで100人を超えたのは、11日(110人)以来4日ぶり。1週間前の8日(150人)と比べて28・7%減り、前週比は21日連続で改善した。

 県全体の直近1週間の新規感染者数は、人口10万人当たり26・1人となった。政府分科会が示す感染状況で、最も深刻な「ステージ4」(爆発的感染拡大)の指標25人の近くに減ってきている。

 居住地別は、広島市69人▽福山市16人▽東広島市6人▽府中町5人▽呉市3人▽三原市、江田島市各2人▽尾道市、廿日市市、大竹市、海田町各1人。死亡した1人を除く症状別は中等症5人、軽症89人、無症状12人としている。
(ここまで 370文字/記事全文 1354文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事