トピックス

中国地方には17・18日接近 台風14号、温帯低気圧へ

2021/9/15 23:05

 台風14号は17日朝に温帯低気圧に変わり、同日午後から18日午前にかけて中国地方に最も近づく見通しだ。広島地方気象台は15日、強風や高波、高潮、河川の増水に注意するよう呼び掛けた。

 同気象台によると、台風は17日朝に対馬海峡へ進んで温帯低気圧に変わり、その後、中国地方の日本海側を進む見通し。中国地方は17日から18日にかけ荒れた天気となるもようで、進路によっては暴風、警報級の大雨や高波、高潮となる恐れがある。中国地方の17日午後6時までの24時間雨量は多い所で50〜100ミリと予想されている。

 天気が悪化する前に、備えることが必要だ。非常持ち出し品の準備や、窓ガラスの補強、生活用水の確保などが求められる。同気象台は「温帯低気圧に変わっても台風の時と同じように備えのポイントを意識し、行動してほしい」としている。→「台風14号、予報変わり台風のまま中国地方に接近」はこちら


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧