地域ニュース

<福山城は1622年、水野勝成が築城>

2021/9/16 0:20

 1622年に初代福山藩主の水野勝成が築城し、近世城郭の代表とされる。1931年に天守閣が国宝指定されたが、45年の福山空襲で焼失。伏見櫓や筋鉄御門などは残った。64年に本丸や二之丸の約3万3千平方メートルが国史跡に指定。66年、市制50周年記念事業で天守閣などがコンクリート造りで再建された。2022年の築城400年にあわせて、66年の再建後初めての大規模改修。天守と月見櫓(やぐら)、湯殿、鏡櫓の耐震改修と外壁の塗り直し、傷んだ瓦の取り換えを予定し、22年8月の再オープンを目指す。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

アーカイブの最新記事
一覧