• トップ >
  • トピックス >
  • 台風14号、17日夜から18日明け方に中国地方に最接近 瀬戸内通過恐れ

トピックス

台風14号、17日夜から18日明け方に中国地方に最接近 瀬戸内通過恐れ

2021/9/16 23:06

 台風14号は17日夜から18日明け方にかけ、中国地方に最接近する見通しだ。非常に強い風が吹き、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。広島地方気象台は、暴風や高潮、河川の氾濫、土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。

【関連記事】山陽新幹線広島―博多間、17日午後から運転取りやめ

 同気象台によると、台風は17日朝に温帯低気圧に変わるとみられていたが、予報が変わり、台風のまま中国地方に最接近する見込み。17日に九州北部へ上陸し、瀬戸内海近辺を通過する可能性がある。

【特集】防災 命を守るために「台風に備える」

 17日の1時間雨量はいずれも多い所で山陽60ミリ、山陰40ミリと予想。同日午後6時からの24時間雨量はいずれも多い所で山陽100〜200ミリ、山陰100〜150ミリとみる。17日に予想される最大風速は山陽の陸上で20メートル、山陰の陸上で18メートル。波の高さは山陽2メートル、山陰4メートルとなっている。

 同気象台は「天気が急変する恐れがある。自治体の避難情報などに従い、明るいうちに早めの避難を心掛けてほしい」としている。(浜村満大)

気象庁、ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧