地域ニュース

かんきつ収穫、若者が協力 ファンづくり事業、尾道・瀬戸田で第1弾

2021/9/16 21:31

 尾道市は16日、かんきつ栽培の農繁期の11〜12月、同市瀬戸田町に若者や学生が滞在し農作業を手伝うモデル事業を始めると発表した。JA三原と地元のゲストハウス、旅行サービス業おてつたび(東京)と連携し、農家の人手不足解消と関係人口の拡大を図る。
(ここまで 122文字/記事全文 706文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧