地域ニュース

サカスタ建設、景観維持に努める方針 広島市、本川護岸巡り回答

2021/9/16 22:50

 広島市が中央公園広場(中区)で進めるサッカースタジアム建設計画で市と建設業者は16日、建設地西側の本川護岸、通称「基町ポップラ通り」からの景観に配慮するよう求めた市民団体に対し、護岸をできる限り維持して景観を壊さないよう努める方針を示した。

【広島再開発マップ】はこちら

 この日、建設業者の大成建設(東京)と、周辺の「広場エリア」を整備するNTT都市開発(同)、市の担当者が、護岸にポプラを植えて憩いの場としている市民団体「ポップラ・ペアレンツ・クラブ」の代表たちと非公開で会談した。市などによると、護岸には建物を設けず、桜並木は大半を残すと説明した。

 「景観を圧迫する」との懸念が寄せられていたスタジアムの高さについては、同規模のスタジアムと比べて低く抑えると強調。護岸側に開放部を設け、圧迫しないデザインとする構想を示した。設計中のため、具体的な高さなどには言及しなかったという。

 同クラブは4月、市に要望書を提出。スタジアムを可能な限り低くする▽圧迫感のないデザインとする▽樹木伐採は最低限にとどめる―など8点を求めた。隆杉純子代表幹事(61)は「高さなどが分からず、景観への影響ははっきりしていない。今後も具体的な内容を丁寧に説明してほしい」と話した。(新山創)

サカスタ広場、スポーツやアウトドアで「にぎわう公園」に 24年夏開業

被爆遺構、切り取り開始 広島のサカスタ予定地

ファミリープール移転や廃止も検討 中央公園7施設の再配置

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧