トピックス

台風14号、中国地方に17日夜〜18日明け方に最接近【動画】

2021/9/17 17:09

 台風14号は17日午後3時時点で九州の西側に位置し、まもなく九州へ上陸する見通しとなっている。中国地方には17日夜から18日明け方にかけて最接近する見込み。強風に加え、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。広島地方気象台は浸水害や河川の氾濫、土砂災害、高潮への警戒を求めている。

【避難情報はこちら】

 同気象台によると、台風14号は17日午後3時時点で長崎県平戸市の北西約40キロにあり、時速約25キロで東北東に進んでいる。その後は瀬戸内海近辺を通過する可能性が高い。17日夜から18日明け方にかけて海上で風が非常に強く吹き、波が高くなる見込み。大気の状態も非常に不安定となり、大雨の恐れもある。

 17日の1時間雨量はいずれも多い所で山陽60ミリ、山陰40ミリ、18日は山陽40ミリ、山陰30ミリと予想。18日午後6時までの24時間雨量は山陽150ミリ、山陰100ミリとみる。17、18日に予想される最大瞬間風速は山陽、山陰ともに陸上で30メートル。波の高さの予想は17、18日ともに山陽2メートル、山陰3メートルとなっている。

 台風の接近に伴って、JR西日本は山陽新幹線広島―博多間や山口県内の全ての在来線で運転を取りやめた。台風の進路次第では今後、影響の範囲が広がる可能性もある。

 日本航空は17日の広島―羽田間の発着便の一部を欠航する。全日空も17日の岩国錦帯橋空港(岩国市)と山口宇部空港(宇部市)を発着する一部の便の欠航を決めた。

【特集】防災 命を守るために「台風に備える」

気象庁、ナウキャスト(雨雲の動き・雷・竜巻)



  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧