トピックス

台風14号が西日本上陸 広島や山口、交通に乱れ【動画】

2021/9/17 22:16

台風14号接近に伴い、新幹線の計画運休を伝えるJR広島駅の掲示板(撮影・山田太一)

 台風14号は17日夜、福岡県福津市付近に上陸した。九州北部を進み、中国地方には18日明け方にかけて最接近し、日本列島を横断する。17日は広島、山口両県を中心に新幹線や在来線が運行を取りやめるなど交通機関が乱れた。

 気象庁によると、福岡県へ最初に上陸するのは観測史上初という。同庁は18日午後6時までの24時間雨量についていずれも多い所で山陽150ミリ、山陰100ミリと予想。18日の最大瞬間風速は山陽、山陰ともに30メートルとみる。

 JR西日本は17日午後以降、山陽新幹線の広島―博多間や山口県内の全ての在来線の運行を取りやめた。鹿児島県から帰省し、JR広島駅に着いた大学1年佐々木瑞彩美さん(19)は「新幹線の運休を知り、昼前に鹿児島を出た。無事に着いて安心した」と話していた。中国地方では高速バスやフェリー、空の便でも運転の見合わせが相次いだ。広島県は17日午後3時に災害対策本部を設置した。

 18日以降の中国地方の天気は次第に晴れる見通し。JR西日本は同日の在来線と山陽新幹線について始発から運転するとの見通しを示すが、台風の状況によっては影響が残る可能性もある。

 広島地方気象台は「台風通過後も風が強い状態が続く所もある。油断はしないで」と呼び掛けている。(浜村満大、小林旦地)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧