• トップ >
  • トピックス >
  • 逮捕・起訴での勾留期間、議員報酬停止 広島県内3市議会が条例制定

トピックス

逮捕・起訴での勾留期間、議員報酬停止 広島県内3市議会が条例制定

2021/9/19 23:02

 地方議員が逮捕、起訴されて勾留された期間の報酬と期末手当の支給を停止する条例について、広島県内では府中、大竹、東広島の3市議会が制定していることが19日、中国新聞のまとめで分かった。同様の条例は全国で相次ぎ可決され、国会議員では歳費法の改正議論がある。専門家は「議員には自浄作用が求められている。条例を制定しなければ、有権者の理解は得られない」と指摘している。

【社説】議員歳費の返還 国民目線で法改正急げ
【決別 金権政治】法不備、歳費返還に「壁」 「議員特権」司法に問う

 中国新聞が広島県と県内全23市町の各議会事務局に条例の有無を確認した。3市議会はいずれも議員提案で制定し、時期は大竹が2010年9月、府中が20年3月、東広島が20年6月だった。各条例は、逮捕、起訴されて身体を拘束された場合、毎月の議員報酬と期末手当を日割りなどで停止すると規定。不起訴処分や無罪判決が出た場合、翌月に停止分を払うが、有罪判決なら支給しないとする。

 大竹、東広島の両市議会が条例を定めたのは、病気療養や理由なく長期欠席した市議がいたのが発端という。報酬を減額する条例を作り、逮捕、起訴された場合を想定した項目を盛り込んだ。府中市議会は18年の市議選無投票が契機。市議のなり手の確保に向けた議会改革の一環で、議員報酬の在り方について議論し、停止条項を設けた。

 残る20市町議会は「病欠した場合を含めて規定がない」「議論する動きはない」などと答えた。県議会は議員報酬を定めた条例で、任期満了、失職、解散などで職を離れた日まで支給するとし、逮捕・起訴の場合は明文化していない。

 全国の計815市・区の議長でつくる全国市議会議長会(東京)によると、逮捕などで議員報酬や期末手当の減額、支給停止を条例に明記した市議会は、19年12月末時点で83だった。集計を始めた14年の34から2・4倍に増加。中国地方では、大竹、山陽小野田、浜田、江津各市議会が該当する。

 「政治とカネ」の問題に詳しい神戸学院大の上脇博之教授(憲法学)は「有罪が確定した時点で報酬を返金する内容でもいいので、条例制定を急ぐべきだ。有権者の視線の厳しさを、政治家は自覚する必要がある」と強調している。

 議員報酬(国会議員は歳費)は、19年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件を機に注目を集めた。公選法違反罪の有罪が確定して当選無効となった自民党の河井案里元参院議員と、夫で広島3区選出の党衆院議員だった克行被告(一審実刑判決で控訴中)に対し、逮捕後も歳費が払われ続けたためだ。

 自民、公明両党は選挙違反で当選無効になった場合に限り、歳費返還を可能にする歳費法改正案の骨子をまとめた。当選無効の場合、国会議員は当選時にさかのぼって歳費の10分の4を国庫へ返すと義務化。刑事事件で起訴されれば勾留期間の歳費支給を停止し、停止割合は野党と協議して決めると合意した。ただ、自民党総裁選などを受け、秋の衆院選前の改正は困難な状況となっている。(中川雅晴)


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 参院比例、自民・竹内氏が繰り上げ確定 前鳥取市長 (10/20)

     2016年の参院選比例代表に自民党から立候補し次点で落選した前鳥取市長の竹内功氏(69)の繰り上げ当選が19日、確定した。同党の高階恵美子参院議員(比例)が衆院選比例中国ブロックに立候補し、公選法に...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (10/19)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 河井元法相、実刑確定へ 控訴取り下げの意向 大規模買収事件 (10/19)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われ、東京地裁で懲役3年、追徴金130万円の実刑判決を言い渡された元法相の元自民党衆院議員河井克行被告(58)...

  • 島根県津和野町長選告示、現新が一騎打ち (10/19)

     任期満了に伴う島根県津和野町長選が19日告示され、新人で元会社役員の松本亨氏(54)と、4選を目指す現職の下森博之氏(56)の2人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。24日投開票される。

  • 島根県吉賀町長選、岩本氏が無投票再選 町議選も無投票 (10/19)

     任期満了に伴う島根県吉賀町長選と町議選(定数12)が、19日告示された。町長選は無所属現職の岩本一巳氏(61)のほかに立候補がなく、2017年の前回から2回連続の無投票で再選を決めた。町議選も定数と...