トピックス

91歳と86歳の夫婦死亡、無理心中の可能性 広島市西区

2021/9/22 4:16

現場の民家(中央)を調べる捜査員(21日午前8時55分、広島市西区楠木町3丁目)

 21日午前7時35分ごろ、広島市西区楠木町3丁目、無職男性(91)方で、男性と妻(86)が意識不明となっているのを、親族からの110番で駆け付けた警察官が発見した。2人は搬送先の病院で死亡が確認された。広島県警は現場の状況などから無理心中の可能性もあるとみて、死因や死亡した経緯を調べている。

 男性方は2階建ての一軒家。県警によると、男性は2階の和室で首をつった状態で見つかり、妻は1階の脱衣場に倒れていた。2人暮らしとみられる。外部からの侵入や争った形跡は確認されていないという。

 現場はJR横川駅の北東約700メートルの住宅街。近くの女性(83)は「元気で仲の良さそうな夫婦だった。いったい何があったのか」と困惑。地元町内会長の男性(78)は「一緒に車で出掛けるのをよく見掛けた。男性は地域行事を積極的に手伝ってくれていた。信じられない」と驚いていた。


この記事の写真

  • 規制線が張られた現場周辺(広島市西区楠木町3丁目)
  • パトカーや捜査車両が集まり、一時騒然とした現場周辺=広島市西区楠木町3丁目(画像の一部を修整しています)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧