• トップ >
  • トピックス >
  • ゴルフクラブのヘッド外しポケットへ 転売目的か「全国で100件程度やった」

トピックス

ゴルフクラブのヘッド外しポケットへ 転売目的か「全国で100件程度やった」

2021/9/22 19:38

 中四国地方のスポーツ用品店でゴルフクラブのヘッドなどを盗んだ疑いで広島県警捜査3課と呉署などの共同捜査本部に逮捕された男が、ヘッドだけを取り外してポケットなどに隠して万引する手口を多用し、「全国で100件程度やった」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。

 男は大阪市西淀川区のトラック運転手(59)。徳島県藍住町の店舗でクラブのヘッド1個(7万5240円相当)を盗んだ疑いで8月17日に逮捕、起訴された。逮捕容疑はほかに、呉市の店舗で同1個を盗んだ疑い(処分保留)。山口県岩国市の店舗でも同1個などを盗んだ疑いで9月8日に再逮捕された。

 最近のゴルフクラブの多くは、専用工具を使えば短時間で柄部分のシャフトからヘッドを外せるという。一般的な店舗でヘッドを単体で売ることはまずないが、広島市のある業者は「既製品では満足せず、自分好みのシャフトと組み合わせる人もいて、ヘッドだけの需要もある」と話す。通販サイトやフリマアプリには数千〜数万円で出品されており、10万円以上の値を付けるものもある。

 呉署によると、男はフリマアプリを使ってゴルフ用品などを販売、約260件の取引で計約700万円を売り上げており、転売目的だったとみて関連を慎重に調べている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧