地域ニュース

ブレークスルー感染、広島県「5%どまり」 6―8月、ワクチン2回接種・2週間以上経過

2021/9/22 22:54

 広島県は22日、県内で6〜8月に新型コロナウイルスに感染した2006人のうち、ワクチンを2回接種して2週間以上たっていた「ブレークスルー感染」は5・3%にとどまったとする独自調査の結果を発表した。ワクチンを1回以上接種した感染者で死亡した事例はなかった。ワクチンは感染予防と重症化予防でともに効果が高いとして、積極的な接種を呼び掛けている。

 ▽死亡、未接種のみ
(ここまで 181文字/記事全文 773文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧