地域ニュース

森下洋子さん舞踊70年、故郷広島で記念公演 「ロミオとジュリエット」全幕

2021/9/23 20:56
磨き上げた演技で観客を魅了した森下さん=手前中央(撮影・天畠智則)

磨き上げた演技で観客を魅了した森下さん=手前中央(撮影・天畠智則)

 広島市中区出身で世界的なプリマバレリーナ森下洋子さん(72)の舞踊歴70年を記念した松山バレエ団(東京)広島公演「ロミオとジュリエット」が23日、同区のJMSアステールプラザであった。悲恋の少女ジュリエットを、森下さんが全幕に渡って好演。約700人が優美な舞に見入った。

 中世ヨーロッパを舞台に、対立する家に生まれながらも愛し合うロミオとジュリエットの悲劇を描いた演目。森下さんは広島交響楽団の演奏に合わせ、軽やかなステップとしなやかなターンを次々と繰り出した。初々しくも情熱的な恋心を表現する熟達の演技に、会場は拍手の渦に包まれた。

 ▽森下さん「これからも毎日踊り続けて…」
(ここまで 283文字/記事全文 439文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧