地域ニュース

デリバリー給食の廃止、26年度ごろまでに 広島市立中、順次給食に

2021/9/24 21:42
広島市立中で提供されているデリバリー給食

広島市立中で提供されているデリバリー給食

 広島市内の約7割の市立中で採用され、民間業者が各校に届ける「デリバリー給食」について同市教委は24日、5年後の2026年度ごろまでに廃止する方針を市議会文教委員会で明らかにした。全生徒に温かい給食を提供できるよう、近くの給食センターや市立小の調理場からの提供を順次進める。

【関連】息子が「デリバリー給食がおいしくないと言う」

 市教委によると、22年度から主に四つの取り組みを推進。(1)五日市地区学校給食センター(佐伯区)の提供校を現在の6校から増やす(2)デリバリーの調理・配送を担う市学校給食事業協同組合(中区)が、温かい給食も提供(3)近隣の市立小の自校調理場から運ぶ(4)可部地区学校給食センター(安佐北区)を拡張して新設し、提供校を広げる―としている。

 ▽センター方式ならコストが…
(ここまで 335文字/記事全文 782文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧