地域ニュース

【陸上】山縣が決勝棄権、男子100 全日本実業団対抗

2021/9/25 23:01
男子100メートル予選、1組2着でゴールした山縣=右(撮影・宮原滋)

男子100メートル予選、1組2着でゴールした山縣=右(撮影・宮原滋)

 陸上の全日本実業団対抗選手権第2日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居ほかで行われ、男子100メートルは東京五輪代表の小池祐貴(住友電工)が向かい風0・5メートルの条件下、10秒19で制した。同五輪代表の山縣亮太(セイコー、広島・修道高出)と多田修平(住友電工)は決勝を棄権した。

 <写真集>全日本実業団対抗 第2日
(ここまで 161文字/記事全文 865文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

地域スポーツの最新記事
一覧