地域ニュース

田んぼオーナーに「配当」 安芸高田市吉田の石原集落、農援隊が新米30キロ

2021/9/26 9:57
株主の夫婦(左側)に収穫した新米を渡す農援隊のメンバー

株主の夫婦(左側)に収穫した新米を渡す農援隊のメンバー

 安芸高田市吉田町下入江の石原集落の住民グループ石原農援隊がこの春始めた田んぼのオーナー制度で、「株主」の都市住民たちが25日、現地で「配当」の新米30キロを受け取った。遊休農地を活用した試み。新型コロナウイルス禍で田植えなどの交流事業は軒並み中止となったが、秋晴れの下、農村に笑顔が広がった。
(ここまで 147文字/記事全文 459文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧