• トップ >
  • >
  • 【自民総裁選ドキュメント(1)】岸田氏「あとは天命を待つだけ」

トピックス

【自民総裁選ドキュメント(1)】岸田氏「あとは天命を待つだけ」

2021/9/29 12:13

自民党総裁選で党員・党友票の開票作業をする党広島県連のスタッフ(29日午前8時47分、広島市中区のホテル)

 自民党は29日に投開票される総裁選で、第27代総裁を選出する。届け出順に、河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4人が争ってきた。広島1区選出の岸田氏とその陣営を中心に、注目の1日の動きを追った。

 8時40分 広島市中区のANAクラウンプラザホテル広島で広島県連が党員・党友票の開票作業を開始。

 9・30 山口市の県自治会館で山口県連が党員・党友票の開票作業を開始。

 9・45 この日から一般質問が始まる広島県議会が県議会棟で議会運営員会を開催。総裁選の国会議員投票と午後の一般質問の時間が重なるため、議運終了後に山下智之委員長(自民議連、廿日市市)が「携帯を(議場に)持ち込んであまり見ないように」と注意喚起した。

 10・00 松江市のサンラポーむらくもで島根県連が党員・党友票の開票作業を開始。

 11・15 沖縄1区を地盤とする国場幸之助衆院議員(岸田派)が、東京都内のホテルの岸田派の陣営控室に入る。「平和を大切にする岸田会長は、沖縄の思いと共通している。岸田会長は初入閣も沖縄北方担当相。ぜひ自民党のかじ取りをしてほしい」
(ここまで 470文字/記事全文 1156文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 岸田氏が到着して拍手に包まれた決起集会の会場(東京都内のホテル)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事