• トップ >
  • トピックス >
  • 岸田文雄新総裁、1億5000万円「必要あれば説明」 河井夫妻事件巡り

トピックス

岸田文雄新総裁、1億5000万円「必要あれば説明」 河井夫妻事件巡り

2021/9/29 19:14

岸田氏

 2019年の参院選広島選挙区での大規模買収事件を巡り、自民党本部が元法相の河井克行被告(58)=公選法違反罪で一審実刑、控訴=らの党支部に提供した1億5千万円について、岸田文雄新総裁は29日、河井被告らの報告を確認した上で、必要があれば説明したいとの考えを示した。

 1億5千万円を巡っては「買収に使われたのではないか」などと疑念の声が出ていたが、自民党の柴山昌彦幹事長代理は今月22日、河井被告らからの報告に基づいて「買収資金になっていない」と発表。1億5千万円のうち1億円超を機関紙や政策チラシの作成、配布費に充てたほか、人件費や事務所費などに使ったと説明した。党による調査には後ろ向きな姿勢をにじませた。

 岸田新総裁は総裁選後の記者会見で党による調査など今後の対応を問われ「いま一度(河井被告側の報告を)確認をし、必要であるならば説明をするということであると思っている」と述べた。

 1億5千万円は19年7月の参院選前の同年4〜6月、党本部が克行被告と広島選挙区の党公認候補だった妻の案里元参院議員(48)=有罪確定=の党支部に入金した。同じ選挙区で6選を目指して落選した岸田派重鎮の自民党候補の10倍に上り、うち1億2千万円が税金から出ている政党交付金だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 広電の車内で客同士トラブル、立町電停で30分停車 (10/24)

     24日午前11時半ごろ、広島市中区立町の広島電鉄の立町電停で、広島駅発宮島口行きの路面電車が乗客同士のトラブルで約30分間停車した。 広島中央署と広電によると、自称土木工の男(54)が停車中の車内で...

  • 岡山県3人感染 24日新型コロナ (10/24)

     岡山県で24日、3人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。内訳は吉備中央町2人、岡山市1人。県内の感染確認は1万5252人となった。 【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 広島県5人感染1人死亡 24日新型コロナ (10/24)

     広島県内で24日、5人の新型コロナウイルス感染が発表された。また、県内の医療機関に入院していた感染者1人の死亡が確認された。【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況 県などによると...

  • 【速報】山口県4人感染 24日新型コロナ (10/24)

     山口県で24日、新たに4人の新型コロナウイルス感染が確認された。居住地は防府市2人、山口市と山陽小野田市が各1人。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 無人の焼き肉店を全焼 尾道市向島町の住宅街【動画】 (10/24)

     24日午前8時5分ごろ、尾道市向島町、焼き肉店「ミナミ」から出火、鉄骨2階建ての同店を全焼した。尾道署によると当時、同店は無人で、けが人はなかった。現場は市向島支所の西のスーパーなどが立ち並ぶ住宅街...