• トップ >
  • >
  • 河村建夫氏「岸田さんなら公平な運営」 林芳正氏と争う見通しの衆院山口3区

トピックス

河村建夫氏「岸田さんなら公平な運営」 林芳正氏と争う見通しの衆院山口3区

2021/9/29 21:19

岸田氏が新総裁に選出されたことを伝えるテレビ中継を見詰める自民党県連の幹部

 自民党の新総裁が岸田文雄氏に決まった29日、山口県内の同党関係者からは「選挙の顔」として期待の声が上がった。10月7日告示の参院山口選挙区の補欠選挙が岸田氏の初陣となる。直後には衆院選が控え、山口3区の公認問題を巡る対応が注目される。一方、県内の野党組織の幹部たちは「安倍、菅政権と根っこは変わらない」と批判を強めた。

【関連記事】経済対策は数十兆円規模、衆院選の勝敗ライン「与党で過半数」
【関連記事】岸田新総裁、「聞く力」真価問われる

 岸田氏は10月4日の臨時国会で第100代首相に指名される。参院の補欠選挙について、自民党県連の友田有幹事長は「非常に期待している。新総裁の下で初の国政選挙になり、県連も公認候補の必勝を期すため全力を挙げる」と力を込めた。

 11月前半の投開票が有力な衆院選の山口3区を巡っては、自民党二階派で現職の河村建夫元官房長官(78)と参院議員を辞した岸田派の林芳正元文部科学相(60)の保守分裂の選挙戦となる見通し。大物2人の党公認が焦点となっている。

▽「総理の派閥なら…」
(ここまで 451文字/記事全文 1037文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事