• トップ >
  • トピックス >
  • 山口3区、自民県連は林芳正氏を公認推薦 党現職の河村建夫氏と保守分裂へ

トピックス

山口3区、自民県連は林芳正氏を公認推薦 党現職の河村建夫氏と保守分裂へ

2021/10/1 14:59

林芳正氏

 自民党山口県連は1日、次の衆院選で山口3区の公認候補に参院議員を辞職した林芳正元文部科学相(60)を推薦すると決めた。同区は現職の河村建夫元官房長官(78)が立候補する構え。保守分裂選挙となる見通しで、党本部の判断が注目される。

【地図で見る】河村氏と林氏の勢力図

 県連は山口市内で選挙対策委員会を開き、全会一致で推薦を決めた。非公開の会合後、記者会見した県連の塩満久雄会長代行は「党本部には今回の決定をしっかり受け止めていただき、地元県連の意向に沿った公認手続きを進めていただくことを強く願う」と述べた。

 県連が林氏を3区の公認候補として申請するのは初めて。2012年と17年にも擁立へ動いたが、党本部の意向で現職の河村氏を公認申請した。今回は林氏が7月15日に3区への立候補を正式に表明しており、過去2回と状況が違う。

 3区では河村氏が11選を目指して準備を進める。林氏の衆院への転身を「党のルールに反する。党公認は現職優先」と主張する。同区には立憲民主党新人で党県副代表の坂本史子氏(66)も立候補を予定する。

【関連記事】

河村建夫氏「岸田さんなら公平な運営」 林芳正氏と争う見通しの衆院山口3区

原田将大氏、参院山口補選に立候補表明 通称「へずまりゅう」、NHK党公認へ


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧