• トップ >
  • >
  • 酒席久々、誘客に知恵 広島県の時短要請4市町、「認証」巡り不満も

トピックス

酒席久々、誘客に知恵 広島県の時短要請4市町、「認証」巡り不満も

2021/10/1 23:15

緊急事態宣言が解除され、感染防止策を講じて酒の提供を再開した広島市中区の居酒屋=1日午後6時27分(撮影・山田太一)

 広島県に出されていた新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が解除され、多くの飲食店が1日、営業を再開した。店主たちは顧客を呼び戻そうと割引券を配るなど知恵を絞り、感染防止策にも力を注ぐ。県は段階的な制限の緩和へ、広島市など2市2町への集中対策をスタート。ただ、感染対策を徹底する店に県がお墨付きを与える認証が追いついておらず、一部から不満の声も出ている。

広島県、11月中にワクチン接種完了 県民向け、予測前倒し

 同市中区胡町の居酒屋「虎之介」。再開初日はビジネスマンや常連客たちが久々の酒席を楽しんだ。同店では感染拡大前と比べ、売り上げは半分以下に減った時期もあった。再開に合わせ、サービス券を配るなど集客の工夫も凝らした。

 ▽「常連客に還元」
(ここまで 322文字/記事全文 977文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事