• トップ >
  • トピックス >
  • 被爆地の首相、核禁条約にどう向き合う 被爆者ら「存在感示して」

トピックス

被爆地の首相、核禁条約にどう向き合う 被爆者ら「存在感示して」

2021/10/5 0:09

原爆ドーム

 岸田文雄氏が首相に選出された4日、被爆者や反核活動家たちから注文が相次いだ。米国の「核の傘」に依存する政策を堅持する日本は、核兵器禁止条約に後ろ向きであり続けるのか―。被爆地を地盤とする首相の今後に注目している。

【年表】岸田首相の歩み

 ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN=アイキャン、本部スイス)のベアトリス・フィン事務局長(38)は「指導力に期待する」と祝意を表す書簡を岸田氏の議員事務所に電子メールで送った。

 岸田氏が核軍縮を公約に掲げ、外相だった2013年には核兵器の非人道性と不使用を訴える国連総会第1委員会(軍縮)での共同声明を支持したことを評価。来年3月に開催が予定される禁止条約の締約国会議について「お目にかかる機会があることを期待している」とオブザーバー参加を促した。国内の市民団体との議論や、被爆者との協力を深めることも提案した。

 被爆者たちも、禁止条約への署名、批准はもとよりまずはオーストリア・ウィーンで初の開催となる締約国会議にオブザーバーとして参加するよう求めた。

 広島県被団協(坪井直理事長)の箕牧(みまき)智之理事長代行(79)は「自ら出席し、条約推進国の発言を聞いてほしい。政府内の反対を押し切ってでも行動し、世界に存在感を示して」。もう一つの広島県被団協の佐久間邦彦理事長(76)は「被爆者と向き合う政策を進め、非核三原則を堅持しなければならない」とも注文した。

 長崎で被爆した日本被団協の田中熙巳代表委員(89)=埼玉県新座市=は「安倍政権で外相だった17年、政府が条約の交渉会議への不参加を決めるなど『広島選出』の片りんは見えなかった。『さすが核兵器問題についてはしっかりしている』と言われる外交が求められる」と強調した。(桑島美帆、水川恭輔、小林可奈)

【関連記事】

岸田首相、真相は「一目惚れ」 見合い結婚の妻裕子さん

岸田氏の著書「岸田ビジョン」倍額で落札も

愛称は「キッシー」 指折りの酒豪、ダンベルで日々鍛錬

1.5億円「再調査の考えない」と甘利幹事長

1.5億円 岸田氏は「必要あれば説明」としていた


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 広電の車内で客同士トラブル、立町電停で30分停車 (10/24)

     24日午前11時半ごろ、広島市中区立町の広島電鉄の立町電停で、広島駅発宮島口行きの路面電車が乗客同士のトラブルで約30分間停車した。【関連】「要注意の高須踏切」高齢者や車の立ち往生相次ぐ 広島中央署...

  • 岡山県3人感染 24日新型コロナ (10/24)

     岡山県で24日、3人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。内訳は吉備中央町2人、岡山市1人。県内の感染確認は1万5252人となった。 【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 広島県5人感染1人死亡 24日新型コロナ (10/24)

     広島県内で24日、5人の新型コロナウイルス感染が発表された。また、県内の医療機関に入院していた感染者1人の死亡が確認された。【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況 県などによると...

  • 【速報】山口県4人感染 24日新型コロナ (10/24)

     山口県で24日、新たに4人の新型コロナウイルス感染が確認された。居住地は防府市2人、山口市と山陽小野田市が各1人。 【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況

  • 無人の焼き肉店を全焼 尾道市向島町の住宅街【動画】 (10/24)

     24日午前8時5分ごろ、尾道市向島町、焼き肉店「ミナミ」から出火、鉄骨2階建ての同店を全焼した。尾道署によると当時、同店は無人で、けが人はなかった。現場は市向島支所の西のスーパーなどが立ち並ぶ住宅街...