• トップ >
  • >
  • 優先対象外329人に新型コロナワクチン接種 「好縁会」運営のクリニック、広島市が委託契約解除へ

トピックス

優先対象外329人に新型コロナワクチン接種 「好縁会」運営のクリニック、広島市が委託契約解除へ

2021/10/8 22:46

新型コロナウイルスワクチンの不適切な接種が判明した西原セントラルクリニック

 広島市は8日、安佐南区の西原セントラルクリニック(土井龍一院長)が、高齢者たちへの新型コロナウイルスワクチンの優先接種期間にもかかわらず、対象外の市民329人に先行接種していたと明らかにした。クリニックは8月、国の手引に従わず医師や看護師に3回の接種をしたとして市が調査していた。市はワクチン接種の委託契約を解除する。

【関連記事】医療法人好縁会、高リスク債券購入か 貸付金流用、定款反する恐れ

 クリニックは、医療法人好縁会(東広島市、下山直登理事長)が運営する。広島市によると、高齢者や基礎疾患のある人たちが優先接種の対象だった6月28日〜7月30日に、対象外の市民329人に1回目を接種した。このうち14人には2回目も打った。本来は31日以降から予約を受け付ける決まりだった。

▽「ブースター効果を期待した」
(ここまで 355文字/記事全文 814文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事