• トップ >
  • トピックス >
  • 都道府県別魅力度、広島県19位 島根県37位、山口県は42位 21年民間調べ

トピックス

都道府県別魅力度、広島県19位 島根県37位、山口県は42位 21年民間調べ

2021/10/10 10:06

 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京)は9日、2021年の都道府県別魅力度ランキングで、北海道が13年連続の1位となったと発表した。2位は京都府、3位は沖縄県でいずれも昨年と同じ顔ぶれ。最下位は茨城県だった。

【おすすめ記事】魅力度ランキング、中国地方で上位の街は?

 中国地方では、広島県19位、岡山県35位、島根県37位、鳥取県40位、山口県42位。

 同研究所によると、9割近くの回答者が北海道を「魅力的」と回答。知名度の高い地元産品が多く、訪れてみたい「観光意欲度」でも首位だった。

 千葉県や宮崎県の魅力度が大幅アップするなど多くの自治体の評価が上昇。研究所は「新型コロナウイルス禍で都道府県を越えた移動がままならない中、地域への関心が高まったため」とみている。

 市区町村別は1位札幌市、2位北海道函館市、3位京都市だった。魅力度の伸びが大きかったのは、長野県軽井沢町。旅先で働く「ワーケーション」で人気を集めている可能性があるという。

 昨年最下位だった栃木県は41位。福田富一知事が昨年の結果判明後に研究所を訪れ、サンプル数を増やすなど調査方法改善を申し入れていた。

 調査はインターネットで7月に実施。千市区町村と47都道府県を対象に、魅力度や認知度など89項目を尋ね、20〜70代の男女3万5489人から有効回答を得た。

【おすすめ記事】

住みここち、あなたの街の順位は? 中国地方の市区町村別ランキング

移住希望地、広島県6位 コロナ禍で上位維持

後部座席、着用進まず シートベルト、広島は初の4割超え


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧