トピックス

「消えるかもしれない」集落、確かにあった営み【ひと まち】

2021/10/11 22:52

ファイルや額を手に日吉神社の前で笑顔を見せる地頭照男さん(中央)と家族。里幸さん(右から2人目)も集落への熱い思いを喜んだ

 安芸高田市高宮町川根、山根集落の日吉神社に1冊のファイルがある。集落の歩みや行事の記録、笑顔の住民の写真…。置いたのは出身者の地頭照男さん(79)=広島市安佐南区安東。幼少期には100人余が暮らした集落も今は4、5軒になった。「近い将来、消えるかもしれない」と、つらくも現実を受け入れ、集落の今を記録してきた。帰省した人に郷愁を感じてほしいとの思いを込めて。

 旧三江線の式敷駅の北約5キロ。つづら折りの山道を抜けた先の島根県境に集落はある。9月下旬、地頭さんはファイルを手に妻と娘、妹を連れて訪ねた。向かったのは実家そばの日吉神社。3年前、老いる住民や出身者の負担を考えて麓に移した。

 集落には戦後、約25世帯の営みがあったという。地頭さんはファイルにそれぞれの屋号を落とした1970年代の航空写真、史跡や行事の記録、田んぼが広がるのどかな風景や秋祭りの山根神楽団の舞、住民の写真などを収めた。一部は額に入れた。ファイルをめくる手を休めると、「幼少期の思い出がよみがえってくるね」と表情を緩めた。

 林業と稲作が集落の主産業だった。遊び場は実家の目の前を流れる小川や背後の山。ホタルの光が川辺を見事にともした。「秋祭りの時は親戚も集ってね。大ごっつおだった」。地頭さんの横で妹の上田修身さん(77)=広島市佐伯区=は「ほんま楽しいばっかりじゃった」とうなずいた。

 五男の地頭さんは吉田高川根分校を卒業後、広島市内で就職し、集落を離れた。盆や正月、祭りに合わせて帰省していたものの「年を重ねるうちに集落が衰えていくのを感じた」。高齢で亡くなったり都市部に出たり。写真などで集落の今を残そうと思ったのは2000年の頃だった。

 地頭さんが集落を訪れたこの日、ふたいとこの大工地頭里幸さん(67)が出迎えた。里幸さんは安佐北区との2拠点生活で週の半分は集落で過ごす。田を荒らさないように米作りも。神社の移転の際は宮の建立の一部も買って出た。ファイルを受け取り管理を約束すると「集落への思いがよう伝わる」と感謝。照男さんも「集落の世話をしてくれてこっちが感謝」と笑った。

 集落では11月に秋祭りを計画する。かつてのように神楽の上演もなく、にぎわいとは程遠いかもしれない。それでも照男さんは「ファイルに目を通してもらって昔話に花が咲けばいいよね」。そう願い、集落を後にした。(胡子洋)


この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧

  • 【速報】島根県で8人感染 20日の新型コロナ (10/20)

     島根県は20日、新たに8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。居住地は浜田市3人、益田市1人、県外4人。 【詳報】浜田の高齢者福祉施設クラスター拡大、感染14人に 19日の新型コロナ、島根県内...

  • 鳥取・大山で初冠雪 平年より13日早く (10/20)

     中国地方最高峰の大山(鳥取県大山町、1729メートル)で20日朝、初冠雪が確認された。19日夜の急激な冷え込みのためで、平年より13日、昨年より15日早い。 ふもとの大山町大山支所の職員が、山頂周辺...

  • 参院比例、自民・竹内氏が繰り上げ確定 前鳥取市長 (10/20)

     2016年の参院選比例代表に自民党から立候補し次点で落選した前鳥取市長の竹内功氏(69)の繰り上げ当選が19日、確定した。同党の高階恵美子参院議員(比例)が衆院選比例中国ブロックに立候補し、公選法に...

  • 中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数 (10/19)

     中国地方の新型コロナウイルス感染確認者数【グラフ】広島県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】山口県の新型コロナウイルス感染者数と医療提供状況【グラフ】岡山県の新型コロナウイルス感染者...

  • 河井元法相、実刑確定へ 控訴取り下げの意向 大規模買収事件 (10/19)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われ、東京地裁で懲役3年、追徴金130万円の実刑判決を言い渡された元法相の元自民党衆院議員河井克行被告(58)...