地域ニュース

「ばら色の合併構想は破綻」旧熊毛町の住民、分離独立運動 周南市

2021/10/14 17:40
熊毛地区の市民センター前で、周南市からの分離独立運動の意義を説明する村上代表(左)と沖田幹事

熊毛地区の市民センター前で、周南市からの分離独立運動の意義を説明する村上代表(左)と沖田幹事

 「平成の大合併」で地域が衰退したとして、周南市の一部になった旧山口県熊毛町の住民が、市から分離独立を目指す運動を始めた。合併によって周辺部となった全国の旧町村の住民に連携を呼び掛ける。合併を促した合併特例法とは逆の分立特例法の制定を国会に訴える方針だ。

【地図】旧熊毛町はどこにある

 元町議たち4人が「熊毛町を取り戻そう会」を9月に結成した。開設したホームページでは、地方自治法に基づく直接請求で少数派の旧町民が市議会に独立を認めさせるのは「ハードルが高すぎる」と指摘する。旧町民だけで独立に向けた協議会の設置を決められる新たな特例措置を国会に求める。

▽中心部への集中にくすぶる不満…
(ここまで 292文字/記事全文 720文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧