地域ニュース

江の川氾濫の被災者取材し冊子作り 島根・川本の中学生、水害対応記す

2021/10/15 14:27
岩野さん(左端)から被災体験を聞く中島さん(左から2人目)と伊藤さん(右端)

岩野さん(左端)から被災体験を聞く中島さん(左から2人目)と伊藤さん(右端)

 島根県西部の江の川氾濫で水害が頻発する川本町谷地区で、地元の中学生が住民に被災体験を聞き取り、災害対応や事前の備えを伝える冊子作りを始めた。被災者が災害に強いまちづくりを進めるプロジェクトの一つとして発案し、町もクラウドファンディング(CF)で活動を後押しした。
(ここまで 132文字/記事全文 536文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

防災の最新記事
一覧