• トップ >
  • >
  • 暴排の動き広がる 「みかじめ料」授受罰則、広島で2020年施行

トピックス

暴排の動き広がる 「みかじめ料」授受罰則、広島で2020年施行

2021/10/17 23:27

 暴力団の資金源断絶を狙った暴力団排除条例は2011年4月、中国地方5県で一斉に施行された。広島では、暴力団が飲食店などに不当に金銭を要求する「みかじめ料」に関し、組員と店側の双方に罰則を科す改正条例も昨年施行。暴排の動きは広がりを見せている。

【関連記事】暴力団員数3分の1に 広島県内、排除条例10年 末端中心に離脱進む
【関連記事】「やくざで生きていける時代じゃない」暴力団元幹部

 条例では各県とも暴力団へのあらゆる利益供与などを禁ずる。金銭を要求したり渡したりした組員、市民、事業者に県公安委員会が勧告を出し、従わない場合などに名前や事業者名を公表する。

▽今年9月までの勧告、広島は…
(ここまで 294文字/記事全文 788文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事