2021衆院選特集

河村建夫氏「時の流れ考え決断」 引退を正式表明 山口3区立候補見送り「党内で野党的になったので」

山口2021/10/18 22:38
引退を決め、笑顔で議員活動を振り返る河村氏(撮影・山下悟史)

引退を決め、笑顔で議員活動を振り返る河村氏(撮影・山下悟史)

 衆院選山口3区への立候補を見送った自民党の河村建夫元官房長官(78)は18日、山口市内で記者会見し正式に引退する意向を表明した。「31年間、党のために尽くしてきただけに残念だが、時の流れを考えて決断した」と柔らかい表情を見せた。

【関連記事】山口3区、大物合戦決着 自民・河村氏出馬見送り
【関連記事】山口県内9陣営、論戦へ臨戦態勢 19日公示、あいさつ回りに熱

 河村氏は11選を目指して直前まで林芳正元文部科学相(60)と党公認を争った。最後は党の要請を受け入れ、保守分裂を避けた形だ。「総裁選が潮目になったと思う。党内で野党的になったので」と述べた。
(ここまで 266文字/記事全文 611文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

山口の最新記事
一覧