地域ニュース

コメの売上高6年で5倍、なぜ人気 道の駅世羅「生産者指名して待つ客も」

2021/10/20 21:45
各生産者が持ち込んだコメのパッケージが並ぶ道の駅世羅のコーナー

各生産者が持ち込んだコメのパッケージが並ぶ道の駅世羅のコーナー

 広島県世羅町川尻の道の駅世羅で、コメの売り上げが年々伸びている。2015年の開業当初から売上高は6年で5倍以上に。小口販売などで地道にリピーターを獲得したことに加え、米価下落に悩む生産者が販路拡大を目指して持ち込むケースが増えた。実りの秋に、売り場には新米がずらりと並ぶ。

【関連】茶わん1杯のご飯が10円ほど コロナ禍とコメ作り

 コシヒカリなどの米袋の前で、多くの客が足を止める。相場は30キロ1万1千円前後だが、観光客が手に取りやすいように1〜5キロのパッケージも販売。そこから「ファン」が付くこともあるという。

 ▽自分で決めた価格で…
(ここまで 268文字/記事全文 864文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧