地域ニュース

旧田万里小校舎をチョコ工房に 竹原の多機能型事業所あさひ、売り場やカフェも計画

2021/10/21 21:02
工房でチョコへのトッピングをする利用者(左)や職員

工房でチョコへのトッピングをする利用者(左)や職員

 障害のある人たちをサポートする多機能型事業所あさひ(竹原市下野町)が、市北部の旧田万里小校舎(田万里町)にチョコレート工房を開設した。あさひは近年、製造の全工程を一手に担う「ビーン・トゥ・バー」方式のチョコ作りに挑み、好評を博している。売り場やカフェも設ける予定で、利用者のやりがいと地域のにぎわいにつなげる。
(ここまで 156文字/記事全文 621文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧