• トップ >
  • >
  • 浜田女子学生殺害12年 安心安全担う最前線で奮闘 防犯サークル代表務めた呉署の阿部巡査

トピックス

浜田女子学生殺害12年 安心安全担う最前線で奮闘 防犯サークル代表務めた呉署の阿部巡査

2021/10/23 9:51

卒業後も地域防犯の最前線に立つ阿部巡査

 浜田市の島根県立大の女子学生が2009年に殺害された事件は26日、発生から12年がたつ。発足した県立大防犯サークル「SCOT(スコット)」で代表を務めた広島県警呉署地域課の阿部伊織巡査(23)=三原市出身=は、在学中に地域防犯の大切さを学び、犯罪の抑止に力を注ぐ。継ぐ後輩に「安全安心の一助を担っている」と、事件の風化を防ぐ活動を託す。

【関連記事】浜田の島根県立大サークル、防犯活動に大臣表彰 夜間パトロールを継続
【関連記事】浜田女子学生殺害 事故死33歳男 書類送検

 阿部巡査がSCOT代表に就いたのは、事件から9年たった3年生の時。大学周辺で毎週実施する防犯パトロールをよりよいものにしようと、研修会で効果的な方法を学んだ。改めて悲惨さを胸に刻むため、遺体が遺棄された臥龍山(広島県北広島町)に部員と慰霊訪問をするなど、新たな活動も積極的に始めた。

▽「犯罪を抑止したい」信念に共感
(ここまで 393文字/記事全文 1050文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事