地域ニュース

昭和初期の手造りトンネル、保存か取り壊しか 広島県大崎上島、文化遺産の評価も【動画】

2021/10/24 21:14
上組隧道で内部の状況を確かめる角南会長

上組隧道で内部の状況を確かめる角南会長

 昭和初期、現在の広島県大崎上島町東野で開通したトンネル「上組隧道(かみぐみずいどう)」について、文化遺産として保存継承するかどうかの議論が持ち上がっている。住民の尽力で開通した歴史と、れんがの映えるレトロな景観が魅力だが、道幅は狭く、老朽化も進む。町が取り壊しも視野に調査する一方、保存を求める声も上がっている。

レトロ駅舎にファン来訪 旧川平駅(江津市川平町)

赤れんが「旧亀山発電所」価値見直す動き 県道拡幅で取り壊し予定 広島
(ここまで 215文字/記事全文 853文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧