• トップ >
  • >
  • 首相「信任いただいた」と繰り返す 幹部ら落選に硬い表情

トピックス

首相「信任いただいた」と繰り返す 幹部ら落選に硬い表情

2021/11/1 10:43

自民党本部の開票センターでテレビ局のインタビューに答える岸田首相(31日、東京・永田町)

 自民党総裁の岸田文雄首相(広島1区)は31日、衆院選の開票状況を党本部で見守った。勝敗ラインと位置づけた自民、公明両党での過半数(233議席)確保を受け「衆院選は政権選択選挙。政権への信任をいただいたと受け止めたい」と何度も繰り返し、「早急に政策課題を形にする」と口元を引き締めた。ただ自民党は改選前の276議席から減らし、甘利明幹事長らが小選挙区で相次ぎ落選。表情は硬いままだった。

【特集】衆院選2021
【関連記事】自民259、全議席確定 与党、絶対安定多数 立民96、維新41 公明32、共産10

 自身が掲げた政策や党改革の推進力を維持する上で焦点だった自民党での単独過半数も、開票が進むにつれ確実に。首相は「そうした結果を踏まえ、しっかり政権運営、国会運営を行っていきたい」と述べた。声は選挙戦の疲れからかすれ気味だった。
(ここまで 357文字/記事全文 766文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

 あなたにおすすめの記事