地域ニュース

戦争の爪痕、忘れないで 出雲の高嶋さんが写真集

2021/11/3 22:50
出雲大社前の神門通りに残る松やに採取跡の前で、写真集を手にする高嶋さん

出雲大社前の神門通りに残る松やに採取跡の前で、写真集を手にする高嶋さん

 出雲市の写真家高嶋敏展さん(49)が島根県内の戦争の爪痕をまとめた写真集「忘れられた戦争」を出版した。観光客が行き交う出雲大社(同市)前の神門通りに、太平洋戦争末期に飛行機の燃料用に子どもたちが松やにを採取した跡が今も残ると伝えている。「島根の身近にも戦争があったことを知ってほしい」と思いを込める。
(ここまで 151文字/記事全文 695文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧