• トップ >
  • >
  • 車座対話や質疑で体現 政策・行動にどう反映【岸田首相 就任1カ月】<下>聞く力

トピックス

車座対話や質疑で体現 政策・行動にどう反映【岸田首相 就任1カ月】<下>聞く力

2021/11/4 22:46

就任1カ月を迎え、報道陣の質問に答える岸田首相(奥左端)=4日(撮影・浜岡学)

 4日朝。就任から1カ月を迎えた岸田文雄首相は官邸ロビーで報道陣と向き合った。組閣、衆院選、初外遊と駆け抜けたこの期間を「スピード感を持って進んだ」と振り返り、「これからは政策の実行だ。山積する課題に丁寧に取り組む」と決意を語った。

【年表】岸田首相のあゆみ

【関連】愛称は「キッシー」 指折りの酒豪、ダンベルで日々鍛錬

【関連】岸田首相の親族、連なる政治家たち 祖父・父・宮沢喜一元首相…

 政策を動かす上で重視するのが「聞く力」。自民党総裁選に名乗りを上げた8月26日の記者会見で披露した「岸田ノート」は衆院選遊説でも再三掲げた。10年来国民の声を書き留めてきたとして「これからも声をしっかり聞く。国民との約束の証しだ」と訴えた。

 官邸や党本部への出入りの際、この「聞く力」を体現する姿勢がうかがえる。報道陣の呼び掛けに足を止め質疑に応じる。菅義偉前首相時には珍しかった光景が今、定着しつつある。

 ▽過去にない行動
(ここまで 405文字/記事全文 1361文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

 あなたにおすすめの記事