地域ニュース

県立広島病院に手術ロボ 前立腺がんや直腸がん、12月にも利用開始

2021/11/6 10:00
県立広島病院が導入したダビンチ

県立広島病院が導入したダビンチ

 県立広島病院(広島市南区)は細かい操作ができる手術支援ロボット「ダビンチ」を導入した。12月にも、前立腺がんや直腸がんの手術を始める。執刀医が鮮明な立体映像を見ながらロボットの「腕」を操作し、患者の体への負担が少ないのが特長。導入は広島県内の病院で6カ所目とみられる。
(ここまで 135文字/記事全文 508文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧