地域ニュース

広島県世羅の米と卵でバウムクーヘン JA全農ひろしま

2021/11/6 16:00
バウムクーヘンを手にする松本社長(中)や小迫代表(左)たち

バウムクーヘンを手にする松本社長(中)や小迫代表(左)たち

 JA全農ひろしま(広島市安佐南区)は、広島県世羅町産の米粉と卵を使ったバウムクーヘンを発売した。鶏ふん肥料を使ったブランド米「せらにしあきさかり」と、県産の飼料用米を食べたニワトリが産む「広島こめたまご」が原料。世羅西地区で進む資源循環型の農業から生まれた。
(ここまで 130文字/記事全文 375文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧