地域ニュース

大正レトロ、催しで活気 備後庄原駅(庄原市中本町)【芸備線沿線模様】

2021/11/6 20:58
大正レトロな雰囲気に生まれ変わった備後庄原駅。駅では定期的にフェスタなどイベントが催される

大正レトロな雰囲気に生まれ変わった備後庄原駅。駅では定期的にフェスタなどイベントが催される

 庄原市役所から北に、坂を下った突き当たり。街のやや外れに備後庄原駅はある。駅舎は昨秋、所有する市が駅周辺の区画整理事業に合わせて大規模に改修し、「大正ロマン」漂う雰囲気に生まれ変わった。バスやタクシー、一般車が乗り入れるロータリーも完成。交通の結節点としての役割を高めている。

製鉄の繁栄伝える鉄橋 備後八幡駅(庄原市東城町)
そばや写真、人集う工夫 備後西城駅(庄原市西城町)

 木造平屋約340平方メートルのこぢんまりとした駅舎。改札の脇には、市民の作品展示やイベントの場になる多目的スペースを整えた。待合室は改修前より広くし、くつろげる場所に。茶色を基調とした外壁には、大正期のガス灯を模したアンティーク調の電灯や装飾用の柱を設けた。1923年の開業時に戻ったよう。
(ここまで 334文字/記事全文 845文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 駅前には、イベントスペース用に芝生広場も整備された。奥右は備北交通本社屋
  • 以前よりも天井が高く、広くなった待合室
  • 駅ホームには、広島東洋カープOBの赤松真人さんと天谷宗一郎さんが本塁打性の打球をフェンスに駆け上がって好捕した場面を再現したモニュメントがある
  • 広島東洋カープの鈴木誠也選手や菊池涼介選手の人形が乗降客を出迎える
  • 備北交通本社屋上から見た備後庄原駅とロータリー
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧