地域ニュース

県境越えた災害に備え 中四国9県の緊急消防援助隊、3市で合同訓練

2021/11/7 22:45
土砂災害の救助訓練に取り組む参加者(7日、三次市十日市町の十日市親水公園)

土砂災害の救助訓練に取り組む参加者(7日、三次市十日市町の十日市親水公園)

 大規模災害が発生した時に県境を越えて救援活動に当たる中四国9県の緊急消防援助隊の合同訓練が6、7日、三次、庄原、安芸高田の3市であった。例年は1カ所で実施するが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、実地訓練を初めて5カ所に分散して開き、各県の消防隊員約440人が参加した。
(ここまで 138文字/記事全文 646文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧