トピックス

山口県の村岡知事、3選目指し立候補の意向

2021/11/9 18:48

村岡知事

 山口県の村岡嗣政知事(48)が、任期満了に伴う知事選(来年1月20日告示、2月6日投開票)に3選を目指して立候補する意向を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。11日に政府への要望を県選出の自民党国会議員に説明する会合が東京であり、報告するとみられる。

 村岡氏は既に党山口県連の幹部に意向を伝え、支援を求めたという。9日の記者会見では「考えを整理して適切な時期、場所で述べたい」と明言を避けたが、30日に開会予定の県議会定例会で正式表明する見込み。

 複数の関係者によると、村岡氏と県連幹部が10月下旬に面談し、立候補を巡って意見が対立していた。安倍晋三元首相(山口4区)が衆院選の投開票日の同31日、山口市内であった県連主催の会合に急きょ出席。県連幹部と調整したとみられる。かつて村岡氏の擁立に動いたのが安倍氏だったという。

 村岡氏は宇部市出身。東京大経済学部を卒業し1996年に旧自治省(現総務省)に入った。広島市財政課長や総務省自治財政局財政課財政企画官などを経て、2014年2月の知事選で初当選した。(渡辺裕明)

【関連記事】

保守王国 <1> 自民にあらずんば 力を背景、実利がつなぐ【山口考】

保守王国 <2> 国・県・市町の役人ネット 政策誘導、結び付き深く【山口考】

保守王国 <3> むかし急進、いま体制派 武力革命、逆転もたらす【山口考】


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

トピックスの最新記事
一覧