地域ニュース

浜田の小中にノドグロ給食 17日以降登場、地元漁業者4300食分提供

2021/11/9 21:03
ノドグロ給食のための下処理作業をする浜田水産高の生徒

ノドグロ給食のための下処理作業をする浜田水産高の生徒

 高級魚として知られるノドグロが今月、浜田市内の小中学校の給食に登場する。子どもたちに水産業への理解を深めてもらおうと地元の沖合底引き網漁業者が発案し、1人1匹分の計約4300食を提供。浜田水産高の生徒も下処理で協力した。市水産振興課によると初の取り組みという。

 ノドグロは市の魚に選定され、浜田の水産ブランド「どんちっち三魚」(ノドグロ、カレイ、アジ)の一つにもなっている。提供した島根県機船底曳網漁業連合会によると20〜22センチ、120〜130グラムで、8、9月に浜田漁港で水揚げされた。
(ここまで 247文字/記事全文 719文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日のニュースの記事
一覧